HOME > 酸素ルーム

酸素ルーム

◇高気圧酸素ルームについて

高気圧酸素ルームに入ることで、通常よりも多くの酸素を取り込み、戦うカラダ作りをサポートします。

​溶存型酸素の浸透圧を高め細胞の活性化を促します。

酸素ルームに入るとヘンリーの法則により普段の呼吸では得られない「溶存型酸素」を増やすことができると言われています。

酸素には「溶存型酸素」「結合型酸素」が2種類が身体の中に存在します。

溶存型酸素

血液中に溶け込んだ酸素を溶存型酸素といいます。高気圧酸素の環境では、溶存型酸素が増大します。溶存型酸素は血液中に直接溶け込んでいるので、手先、足先、心臓、脳や目の末端の細胞まで流れていきます。

結合型酸素

赤血球中のヘモグロビンが酸素(これを結合型酸素といいます)を結びつけて全身に運びます。高気圧酸素の環境では、結合型酸素が増大します。また、全身を流れる酸素が増大することによって、安静時の心拍(脈拍)数が減少します。

「結合型酸素」とは通常の呼吸で得られる酸素で、血液中のヘモグロビンに依存して融合し、血管に運ばれています。そのためにヘモグロビンの大きさは細い毛細血管を通り抜けるには限られてしまいます。しかし「溶存型酸素」はヘモグロビンと融合していない酸素で、しかもヘモグロビンより小さいため、毛細血管を通りやすく体内により多くの酸素を送りこむことができます。

期待できる効果

肉体疲労回

筋肉が疲労すると、疲労物質である乳酸が溜まりますが、その乳酸を酸素で分解して早く疲れを取る効果があるとされています。

治癒力の向上

筋肉・靭帯損傷や骨折が起こると毛細血管も切れ血流が悪くなり酸素不足に陥るので、患部の酸素不足を解消することによって回復を助ける効果が期待されています。

気力・集中力の増加

30〜35の濃度の酸素には「覚醒感」を高める効果があり、集中力を維持する働きもあるため、仕事や勉強、スポーツでの集中力を高めます。

自律神経の安定

自律神経活動のバランスを保ち、緊張、ストレス、気力低下、倦怠感などを軽減して試合本番に本来のパフォーマンスを発揮できます。

体重管理・ダイエット

脳で脂肪の量を調整する物質「レプチン」の量が増え、余分な脂肪を体内に溜め込まないような体質に改善されます。大量の酸素により脂肪燃焼を促進します。

睡眠の向上

筋脳に十分に酸素を供給できれば、ストレスの解消、自律神経を整える効果が期待でき、体がリラックスして睡眠の質の向上にもなります。

酸素ルームの特徴として室内の空間がゆったりとしており、圧迫感もなく、入っている間も快適に過ごすことができます。成人男性が2名でも入ることができる広さです。

気圧の上げすぎは鼓膜を痛めたり、頭痛・歯痛を引き起こしやすくなるなど副作用の報告がされています。

当院では適切な気圧でより効果的に酸素濃度を高めるために酸素濃縮機を導入しています。

​そのため、より安全に効果的に酸素ルームをお使い頂けます。

DAI sports 鍼灸整骨院

〒572-0006

大阪府寝屋川市美井元町10-25

(株式会社寝屋川住宅センターさん隣)

【Open】9:00-21:00 / 予約制(不定休・日祝対応) 
【TEL】090-2908-8204

LINE QRコード.png
  • Facebook
  • Instagram

Copyright ©  DAI  sports 鍼灸整骨院 -Re:conditioning- All Rights Reserved.